バイオレンスP作成動画


現在、自分で「投稿」した動画のみを紹介しています。
合作は以下のマイリストからご覧下さい。



ニコニコ動画内マイリスト
(要アカウント)


<ページ内最新作紹介へ>

↑上:古い ↓下:新しい



「にとマス」という同人誌から作られた動画です。これが初めて作った動画となります。
ただひたすらにがむしゃらに、アイマスの漫画を描きたいという思いが突っ走っています。
淡々と漫画を流しているだけですが、一番丁寧な作りかもしれません。
やよいが段ボール肉まんを見たら、きっと喜ぶだろうなぁという一発ネタを広げて一本の漫画にしています。
我ながらよくやったものです。

[関連web漫画]
にとマス1〜6




上記の「紙ご飯」と同じ、「にとマス」からの動画です。
単発ネタで構成されており、お手軽に見られます。
これを公開したために、同人誌版の方がweb公開済み漫画だらけになってしまい、
相対的にガッカリ本になってしまったのは反省点。
ちなみに動画公開当時でも、既に千早のマウスパッドは同人グッズで存在していたんですよ?
僕はそれを見て、本物の千早でも問題なくマウスパッドできるだろうと思っただけなんです。

[関連web漫画]
にとマス37〜9




今までの漫画再編集動画でなく、初の動画オリジナル。
やよいの健気ぶりが功を奏してか、代表作と言えるヒットとなりました。
しかし、実はこの動画は「キャスト 春香=昼ご飯」という、
たった一言をやりたいがために作られたのでした。
他の9割9分はどうやって作ったのか覚えてないのです。




けいおん!の動画です。
「かしまし」を「マシマシ」と聞き間違えたらもう止まりませんでした。
ただ替え歌の歌詞を流すだけはつまらないだろうと、
公式のCDジャケットをトレス改変したら、思いのほか面倒でした。

[関連イラスト]
ジロリアンズ / 桜高二郎部




同人誌「ItoY」のweb公開分を動画にしたものです。
小鳥の500円お駄賃は、お手伝いならこんなものだろうと思っての設定でしたが、
コメントで「掃除で働かせて500円は、小鳥は鬼畜」となっていて、
却って面白いネタになっていたのは良い驚きでした。
こうして細かくレスポンスがつくのはニコニコの良いところです。
自分の想定外の反応は勉強になりますね。

[関連web漫画]
にとマス10〜16




同人誌「FIRST STAGE!」web公開分を動画にしたものです。
上の「やよいおりな日々」でもあったのですが、「想定外の反応」はこの動画が一番でした。
律子が雪歩に○ちゃんねるの掲示板を教えたのは、単に情報が早いからという意味でしたが、
初心者を突き落とすような鬼畜行為に受け取られていて、噴いた記憶があります。
言われてみれば確かにそのとおり!リッチャンハキチクデスヨ。
これだからニコニコは面白い。

[関連web漫画]
にとマス17〜27




動画オリジナルです。
ニコマスPとしての同期デビューPのごまうPが企画した百合m@sイベントへの出展動画です。
まーちPとお題を出し合って作品作りという特別枠を頂きました。
他の人からお題をもらうというのは初めての経験でしたが、とても楽しくやれたと思います。
コメントでは「連続殺人犯」をよく消化できたなと頂きましたが、
どっちかというと「なんか幸せ」感を出す方が難しく、
「連続殺人犯」的な方向のネタ出しはむしろ得意分野です。




当時流行っていたブリハマチを雪歩にやらせたらと想像したら、自然とこういう動画になりました。
怯えて泣いてる雪歩は最高に可愛いですね。
後半の愛ちゃん漫画は前半以上にカオスですが、このネタの原案はヨナPです。
僕はいたってノーマルな思考の持ち主ですよ。
この頃から「ビットレート制限」でニコニコムービーメーカー(NMM)が
ガッカリソフトだということを理解し始めました。

[関連web漫画]
にとマス34




同人誌「アイマスウェヒヒヒ」のweb公開分を動画にしたものです。
日頃アイマスをプレイするたびに思っていることをぶちまけました。
個人的には今までで一番酷くて面白い動画になっているのではないかと思っています。
冒頭の前フリ芸もアニメになってしまい、ますますハードルが上がる一方ですが、
以降も恒例になるかというと、別にそんなことはありません。
ちなみに白色のフェードアウトも全てNMMで一枚一枚透明度を変えた絵を差し替えてアニメさせています。


[関連web漫画]
にとマス28〜32




動画オリジナルです。
愛ちゃんと絵理の日常をハートフルに描こうと溜めていたネタを動画にしました。
フードネタが足汁Pと被ってしまい、慌てたのも記憶に新しいです。
フードかぶせた後に紐で縛るのも同じだし、我ながら無意識にパクっていたとしか思えない…。
どうりで自分で思いつくネタにしては格別に面白いと思った!
余談ですが、上記の「876な日々」と合わせて一本の動画として投稿予定でした。
これまたNMMの上限に引っかかってしまい投稿が出来なかったので、仕方なく分割。
もうそろそろNMMは卒業の時期かもしれません。




2008年12月デビューPの合作動画の単品、動画オリジナルの作品です。
春香さんの愛への励ましが色々と凄かったのでネタにしてみました。
流石トップアイドルの言葉はひと味違う・・・!
本当は、この動画の最後のアニメ部分、
愛のところに涼と絵理が走り込んできてからロゴが出て終了!となる予定だったのですが、
どうにも構成が気に入らなくて、あれよあれよと修正しているうちに
動画一本の量になりそうなので分割してしまいました。
アニメ部分の完成待ってたら、この単品上げがいつになることやら・・・という感じで;
来年中に出せたら良いなぁ。




動画オリジナルです。
この動画は2つ上の「あいえりな日々1」の続編になります。
とは言っても、続いている話は何も無いので、ここから見ても何も問題はないです。
タイトルが「あいえりな日々2」と表示していないのは、
タイトルに連番が付くと、それ以前の作品を見てない人は、
「あ、続きものか。前のは見てないし別にいらないや」と見てくれないことがあります。
これは同人活動で散々悩んできた現象なんですよ;;
なので、あえて連番や続編を匂わせないような名前にしてあるのです。
実際、中は続き物じゃないですしね。
あと、この動画からは、作成ソフトがNMMからPEに変わっています。
これで苦しめられてきた諸々の上限から解放されました。
ここからの動画は、今までとは違った色んな表現が出来・・・たら良いと思っています。




同人誌「高槻やよいのHappy Life!」の前半、web公開分を動画にしたものです。
内容はニコ動だけの付加価値はほとんど付けられなかったので、
単純に漫画に音楽がついただけと思っておいてください。
もう少し作りこみたかったけれど、「今」しかできないネタだったので仕方ないですね。
地デジの話が出てアイマスで活動を始めて以降、ずっと温めていたネタ、
漫画・動画に出来て感無量です。


[関連web漫画]
にとマス43〜48

↑拍手してコメントをくれると↑
管理人が明日も頑張ろうという気持ちになれます。


↑ここをクリックしてランキングに投票してくれると↑
にとろが活気付いて、管理人ももっと頑張れると思います。